•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    奥田さんは子供が高校生になるまで女手ひとつで育てていたが、子供が高校生の頃に重大な事件が起きた。ある日、彼女の息子が学校から帰宅すると、顔が紫色になり、服に血痕が付いていることに気づきました。奥田さんは子供の安全を心配し、息子に危害を加えた人物に連絡し、話をするために自宅に連れて行った。ここで奥田はひざまずいて懇願したが、認められるには10歳年下のこの学生とセックスしなければならなかった。奥田さんは子どもへの愛からすべてを引き受けたが、その生徒がもたらしてくれた幸せについて自分に嘘をついていた。